読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルエットだけでドキドキしてしまうのに

拗らせジャニオタの拗らせてる日常

消費されるアイドル

6/11放送のレコメン!が私の周りで何やら波紋を呼んでいる。SPウィークに「今後の関ジャニ∞にやってほしいこと大募集」というテーマの放送。今のレコメンの現状(毎回同じリスナーからのメールばかり読まれる、的外れな企画やメッセージが多い etc...)を考えてあまり期待はしてなかったんですが、騒がしくなったTLに便乗して深夜の鬱チックなテンションでつらつらツイートしたことを、ちょっとずつ噛み砕いていこうと思います。

 

消費されるだけのアイドルにはならないでね

昨夜の私がしたツイートです。関ジャニ∞への不満は色々あるけど、最終的に落ち着くのはこの一言です。

 

私は自分が好きなアイドルに対して常々、「ファンの息の根が長いグループであってほしい」と思っている。どれだけ人気になっても、逆にどれだけ落ちぶれても、最終的に支えになるのはその人たちを長く見てきたファンだと思うから。

そういうファンはアイドルを「消費」しません。使い捨てるのではなく、愛を持って「育てる」んです。それが支えになるんです。きっと。

 

では、その息の根を長く保つ、言い換えれば脇目も振らせず魅了するためには何が必要か。それは ”需要と供給にズレがないこと" である。

自分が見たいと思ったもの、欲しいと思ったものが与えられる、もしくはそれ以上の返りがある。決して身近ではない アイドルが、自分の要望と同じものを良いと思って届けてくれる。こんなに嬉しいことはありません。

アイドルを応援するにあたってどうしてもかかる金銭も、需要と供給が合っていれば何のストレスも違和感もなく大金払える訳です。

それが結果的に "無条件にずっと好きでいられる"="ファンの息の根が長い" ということに繋がるんじゃないかと。

 

でも今の関ジャニ∞にはこれが圧倒的に足りない。ファンとの意見ズレまくり。

こちら側はドームツアーを極めることを望んでいても、彼らは海外だなんだと言い出して結局アリーナツアーしたり。リリースだって、良いものが出来たから出します!ではなく、タイアップ決まりました〜とりあえず出しますね〜状態。まぁこれは仕方ないのかもしれないけど。

とにかく、ファンの望むものが全く伝わっていない。むしろ真逆を行ってるくらい。

これじゃあ古株と呼ばれるファンがもう着いていけないと音を上げるのも無理はありません。そして結果的に、”今売れている”アイドルになってしまう。

 

そうはなってほしくない。だからこそ今の関ジャニ∞にはもっと周りを見てほしい。元々自分たちの意志で突っ走るところが強いグループなのはわかってます。でもだからこそ、今でこそ、「今自分たちに必要なものは何か」「今求められていることは何か」「今極めるべきものは何か」「逆に今でなくても出来ることは何か」それを知ってほしい。

 

新しいことや珍しいことを始めるのは大切なことだと思います。それが話題になって興味を持つ人だって実際にたくさんいる。

『現状維持は後退だ』2014年の大倉忠義の発言にも大きく頷けます。

だとしたら彼らの目指す次のステップは「新しいことで着いてきたファンをいかに大切にするか」。一時的なことではなく、長い目で見てファンの絶対数を増やす。”売れる” というのはそういうことなんじゃないんだろうか。

 

求められていることと新しく発信していくこと、バランスをとるのはとても難しいと思います。でも気づけばきっと出来るはずなんです。

ファンの声、グループの意思。上手いこと間をとって、お互いに笑顔でいたい。

 

消費されるだけのアイドルには、ならないでね。